楽天Edyで貯められるポイント

P子
・Edyでの支払いで200円につき1P
・楽天カードからのチャージ200円につき1P
・はじめてのチャージで200P
・スマホラッキーくじで最大1000P

 

楽天Edyでは支払いなどで楽天ポイントを貯めることができます。

 

Edyでの支払い200円につき1ポイント

コンビニやスーパーでEdyを使って支払うと200円につき1ポイントもらえます。

還元率で言うと0.5%ですね。

 

楽天カードからのチャージ200円につき1ポイント

楽天Edyにはクレジットカードでチャージすることができます。

いくつかのクレジットカードでチャージすることは可能ですが、やはり楽天カードでチャージして楽天ポイントを貰うのがシンプルです。

 

楽天カードでチャージすると200円のチャージごとに1ポイントもらえます。

還元率で言うと0.5%になります。

 

つまり、楽天カードでチャージ+楽天Edy支払いをすると、還元率が合計で1%になる仕組みです。

楽天カードで楽天Edyにチャージした場合

楽天カードで楽天Edyにチャージした場合

 

楽天カードでそのままクレジットカード払いした場合も還元率は1%です。

楽天カードチャージ+楽天Edy支払いを利用することによって、クレカ支払いと同様の還元率を実現することができるわけです。

 

コンビニで小さな買い物する時にいちいちクレカ払いで暗証番号を入力して…というのは面倒ですよね?

また少額のクレジットカード支払いはお店側から断られることもあります。

 

そこでEdyならスマートに素早く支払いができるというわけです。

加えてクレカ払いと同じ還元率ですから、便利でお得な支払い方法ですね。

 

初めてのチャージで200ポイント

エントリーページからエントリーして、楽天Edyにチャージすると200ポイントもらえます。

 

チャージとエントリーの順番は問いませんが、いつでもEdyチャージ、e-NAVIからのチャージ、ポイントチャージなどEdyギフトによるチャージは対象外です。

また、おサイフケータイへのチャージも対象外となります。

 

スマホラッキーくじで最大1000ポイント

楽天Edyで楽天スーパーポイントを貯まる設定をした人が、1日1回引けるラッキーくじです。

 

毎日最大402名にポイントが当たります。

ポイントの内訳は以下の通り。 

  • 1,000ポイント 1名様
  • 500ポイント  1名様
  • 1ポイント  400名

 

スマホからの操作に限定されますので、注意してください。

 

そもそも楽天Edyとは?

楽天Edyとは楽天による電子マネーサービスです。

カードタイプやおサイフケータイ(スマホアプリ)で使用することができます。

 

楽天Edyを使う上で年会費、入会金などは必要ありません。

無料で利用することができます。

 

全国40万店舗で使用することができ、主な店舗は以下の通りです。

Edyが使えるコンビニ
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
デイリーヤマザキ
スリーエフ
ミニストップ
セイコーマート
Edyが使えるお店(一部)
マツモトキヨシ
ツルハドラッグ
マクドナルド
ロイヤルホスト
ガスト
ロフト
紀伊國屋書店
ヨドバシカメラ
ビックカメラ

その他にも、まだまだ使える店舗はあります。

お店に楽天Edyマークがあるかどうか見てみて下さい。

楽天Edyマーク

楽天Edyマーク

たいていは入り口付近に貼ってありますよね。

 

また楽天Edyは楽天ポイントでチャージできるのも魅力です。

楽天ポイント1P=1円としてチャージできます。

 

期間限定ポイントや他社ポイントから返還したポイントはチャージできませんが、ポイントを持て余している人はぜひチャージして使ってみて下さい。

 

楽天Edyを使う手順、準備

楽天Edyは以下のいづれかの方法で使うことができます。

 

  • 楽天Edyが一体型の楽天カード
  • 楽天Edyが付帯しているクレジットカード
  • Edy機能付き楽天ポイントカード
  • おサイフケータイ

 

どれを使うにしてもメリット・デメリットがあります。

 

楽天Edyつき一体型の楽天カードを申し込む

楽天カード

 

「楽天ポイントをたくさん貯めたい!」という人におすすめなのは、やはり「楽天Edyが一体型の楽天カード」ですね。

 

楽天カードは1枚で、

  1. クレジットカード
  2. 楽天ポイントカード
  3. 楽天Edy

の3つの機能を付帯させることができるのでとても便利です。

財布もかさばらずスマートですね。

 

クレカ払い、現金払い、電子マネー払い…。

あらゆる場面でコレ1枚あれば楽天ポイントを貯められます。

 

楽天カードは楽天ファンは絶対に持っておきたいアイテムです。

その他のメリットを詳しく解説している記事があるのでご覧ください。

関連記事楽天カードを使ったポイントの貯め方。サービスの特徴を解説

 

楽天Edyが付帯しているクレジットカードを申し込む

楽天カード以外のクレジットカードも楽天Edyが一緒になったカードがあります。

 

ANAカードの一種であるANA VISAカードや、ANAダイナースカードでも楽天Edyが付帯していますよ。

ANAカード系から楽天Edyにチャージして、楽天Edyを使った場合は、200円ごとにANAマイルが1マイル貯まりますので、マイル好きの人はこちらを利用するのも手です。

 

Edy機能付き楽天ポイントカードを使う


「クレジットカードは使ってない!」

という人のために楽天Edyの機能がついた楽天ポイントカードもあります。

 

まずはカード自体を楽天市場や楽天モバイルの店舗から購入する必要があります。

5種類のカラーがありますがいづれも300円です。(他にいくつかキャラクターデザインのカードもあります)

 

クレジットカードやおサイフケータイは落とした時の不安が大きいですが、ポイントカードなら安心です。

わざわざ有料でカードを買うのは損な気がしますが、防犯意識が高い人はおすすめの選択肢です。

 

またかわいいグッズタイプの楽天Edyなんかもあったりします。(値段はデザインによって違います)

お子さんのお小遣い用に楽天Edyを使うならこちらもおすすめですよ。

 

 

おサイフケータイを使う

おサイフケータイに対応しているスマホならアプリをダウンロードすることで、楽天Edyをスマホで利用することができます。

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edy株式会社posted withアプリーチ

 

以上が楽天Edyの紹介でした。

韓国や中国では既にカード決済や電子マネー決済の割合が現金払いを上回っており、日本でも2025年までをめどに現金払いの割合を50%以下にするべく施策を講じていくそうです。

 

楽天Edyは電子マネーの世界でトップシェアを誇り、今後ますます使える場面が増えていくであろうと思います。

ぜひ使ってみて下さい。