エッセイ

エッセイ

柴田元幸さんを一言で言い表すのは至難の業だけど、あえて言うなら「能力が有り余って、溢れて零れ落ちている人」というのがいちばん近いかもしれない。本当にこぼれているんです。嘘じゃなく。

エッセイ

自然の風景を描く際には『釣りキチ三平』を傍らに置いて参考にしてきた

エッセイ

「モテない」語りの最終兵器は奥田亜希子が撃つ!

エッセイ

愛に溢れた人たちのお話は、こんなにも面白い。

エッセイ

この国は、どうなっていくのでしょう。ぼくは、半藤さんが大スキなので、心配がとてもよく判ります。

エッセイ

「バズライター」が自分を取り戻すために綴り続けた文章は、ゆっくりと静謐で美しかった。ここじゃない場所へ移動できないときにも、世界を閉ざさないためのしなやかな本がある。

エッセイ

愚痴を美味しいご馳走に変えるレシピ本! 読んだ後は愚痴の元に出会うのが嬉しくなる!あぁ! こんな嫌な奴に会いたい!

エッセイ

明快な漫才論なのに、青春期みたいに熱い。

エッセイ

小山田壮平さんの言葉は、もう触れることができなくなったはずの愛しい日々や感情や風景と再会させてくれる。

エッセイ

「ただの事実」がそれなりに伝わるだけで、たいしたことなんだよなぁ。

エッセイ

人間は応援されたら生きられる。これはほんとうなのです。ぼくも、僭越ながら、平了を終え運しています。

エッセイ

この世界で呼吸をしながら、歌を聴くことができるなんて、 僕達は奇跡の最中にいるのかもしれない。 そう思える瞬間が何度もあった。 この物語もまた加藤登紀子さんの歌と共に継がれるべき作品。

フォローする
タイトルとURLをコピーしました