おやすみのあとには、おはようがある。命のいとなみの 切なさとぬくもりをおばあちゃんが教えてくれた。

帯コメントを書いた人→内田也哉子

「いっしょに歌うと 心がぽかぽかするんだよ」
子りすのフウの、おわかれとぼうけんの物語。

子りすのフウとおばあちゃんは、大のなかよし。会うときまって、ふたりで歌を歌います。いっしょに歌うひとときが、ふたりとも大すきです。 ところがある日、フウは弟に歌をからかわれてしまい、おばあちゃんに「子守り歌を歌っておくれ」と頼まれたのを、断ってしまいます。次の日、おばあちゃんは亡くなりました。突然のおわかれに、傷つき、とまどうフウ。そんなとき、「死んだりすと話をさせてやる」という不気味なりすがあらわれて──。
大切な存在とのおわかれを、温かに描いた感動作。

タイトルとURLをコピーしました