好きなことして生きてくって、 めげずに好きなことして生きていくことなんだな。 しぶとい普通の子たち、最高だよ!

帯コメントを書いた人→糸井重里

「誰かの何かになりたい」
高校時代になんとなくで始めたバンドがいつしか希望を見いだし、生業として生きる覚悟を抱くも“音楽”すら辞めたくなるほどの挫折を経験する。
それでも、四人で立ち上がり進み続け、歩み続けてきた。
そんなSUPER BEAVERの愛しい軌跡を渋谷龍太が紡ぐ。
かつてブログで綴られ、映像作品の特典として封入、そして結成15周年を迎えHPに掲載された「都会のラクダ」。
出版に際し、渋谷が一から見直し、自身の活動の歩みと向き合いながら、大幅な加筆修正、
新たなエピソードも書き下ろし、長編小説として生まれ変わりました。

紆余曲折を経た、 SUPER BEAVER四人の歩みを渋谷独特の言葉で綴った物語は、
音楽、バンドを志す者のみならず、夢や希望を抱くあらゆる人の背中を押します。

タイトルとURLをコピーしました