「モテない」語りの最終兵器は奥田亜希子が撃つ!

帯コメントを書いた人→花田菜々子(書店員、『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』著者)

気鋭の小説家、初のエッセイ集。
パーティーもBBQもフェスも見当たらず、学生でもない。でもこれは紛うことなき青春だ!
会社の同期五人との、謎の熱狂。平日は毎晩のように誰かの部屋に集まり、一台のベッドにぎゅうぎゅう詰めで眠る。会社のロッカーに共用の風呂道具を入れて、仕事帰りにみんなで銭湯に通う。北は北海道から南は長崎まで、弾丸旅行へ行きまくる――。
「私が体験した青春は、ジェネリックだったのかもしれない」。
記録魔だからこそ振り返ることのできる、あまりにもさっぱりとした自虐エッセイ!
どうか笑ってあげてください。

タイトルとURLをコピーしました