この世界で呼吸をしながら、歌を聴くことができるなんて、 僕達は奇跡の最中にいるのかもしれない。 そう思える瞬間が何度もあった。 この物語もまた加藤登紀子さんの歌と共に継がれるべき作品。

帯コメントを書いた人→又吉直樹

加藤登紀子は第二次世界大戦の終わる1年8カ月前に中国のハルビン市で生まれた。
多くのロシア人の音楽を聴いて育ち、
戦後の混乱を生き抜いた母、兄、姉と共に日本に引き揚げた。

東大在学中に歌手デビュー、1968年卒業の時、
卒業式をボイコットした学生たちに加わってデモに参加。
当時の学生運動のリーダーだった藤本敏夫と出逢い、人生を共にした。

2018年は、世界がベトナム反戦や民主化で揺れた68年から半世紀。
本書は加藤登紀子自身が、出生から、引き揚げ、歌手デビュー、結婚、現在に至るまでの波乱の人生を、歌との出会いを通して描く書き下ろし自伝。

代表作「知床旅情」にも「百万本のバラ」にも、
運命的な時代の熱いメッセージが込められている。
アニメーション映画「紅の豚」でジーナとして歌った「さくらんぼの実る頃」、
ベトナムの歌「美しい昔」や、韓国の「鳳仙花」、反戦歌「花はどこへ行った」など歴史的な歌の背景のエピソードは、貴重な記録でもある。

タイトルとURLをコピーしました